㈱きぃすとんは、日本随一のロープアクセス技術専門会社です。 

安全実績30年。 高所・難所の防災ドクター、きぃすとん・・・が皆様の暮らしを守ります。

㈱きぃすとんは、日本随一のロープアクセス技術専門会社です。 

安全実績30年。 高所・難所の防災ドクター、きぃすとん・・・が皆様の暮らしを守ります。

高度なロープアクセス技術。 【巧い】から【速い】のでコスパが良くて【安い】

高度なロープアクセス技術。 【巧い】から【速い】のでコスパが良くて【安い】

(株)きぃすとん http://www.rope-access.co.jp
(社)ロープアクセス技術協会【SORAT】 https://www.rope-access-association.org
Mail:keystone@rope-access.co.jp 〒617-0856 京都府長岡京市金ヶ原寿先6-1
TEL:075-959-9095 / FAX:075-959-9096 / (緊急・24hOK 090-8753-2383 なかたに)

(株)きぃすとん http://www.rope-access.co.jp (社)ロープアクセス技術協会【SORAT】 https://www.rope-access-association.org Mail:keystone@rope-access.co.jp 〒617-0856 京都府長岡京市金ヶ原寿先6-1 TEL:075-959-9095 / FAX:075-959-9096 / (緊急・24hOK 090-8753-2383なかたに)

ロープアクセス技術によるダム堤体・洪水吐点検、

承ります。おまかせ下さい。

ロープアクセス技術によるダム堤体・洪水吐点検、

承ります。おまかせ下さい。

調査・点検技術に長けた技術者が、自身でロープを操り、近接目視・接触観察するので

安心・確実。 安全実績30年。 巧いので、速いから、コスパが良くて、安価。

速い! 安い! と、ビックリ好評。 どんなにデカい橋梁も、複雑な橋梁も、
ロープアクセス技術が解決いたします。

■お問い合わせ/お見積り依頼■

■お問い合わせ/お見積り依頼■

◆お問い合わせ・お見積り依頼はお気軽に◆ keystone@rope-access.co.jp (出来ればメールで。 年中無休、すぐに対応いたします) 

TEL075-959-9095(FAX-9096)  (緊急 090-2111-7900 山口) 〒617-0856 京都府長岡京市金ヶ原寿先6-1 ◆お問い合わせフォームも、どうぞ◆

きぃすとんのダム堤体・洪水吐点検

写真 ご予算に合わせています。 ご予算が厳しいほど、腕の見せどころです。
技術スタッフ約40名。 全員が正社員、7割が橋梁点検士、点検のプロ集団です。
新人以外、全員がロープアクセス技士【PRO】資格。 ロープ技術のプロ集団です。
仕事大好き、橋梁点検★大好き、やる気満タンの、プロ仕事人集団です。

◆◇◆ロープアクセス技術協会からのおしらせ◆◇◆

●安いだけ、口先だけの不良業者にご注意下さい。
●ロープアクセス技術による橋梁点検は、急発展中です。 よくありがちなことですが、必ずしも良心的な業者ばかりとはいえないです。  かれらはロープアクセス技術の正しい発展

 を阻害しており、協会にも苦情が寄せられています。
●安さを売り物にするが、実際は大して安くなく、むしろお高い場合が多い。 安さを売り物にするだけあって、仕事が雑だけど、元請け様をなんとかごまかしている業者。
●近接目視が出来ない。 近接目視をしない。 ロープアクセス技術が未熟で、高所・難所へのアクセスが苦手で、やらずに、手抜きして、元請け様をなんとかごまかしている業者
●ダム堤体・洪水吐点検の経験・知識がほとんどないが、なんだかんだで、元請け様をなんとかごまかしている業者
●組織としての安全意識が希薄で、安全軽視の技術で、重大事故を繰り返しているが、元請け様をなんとかごまかしている業者
●人手不足で、橋梁点検の素人・未経験者を動員して、元請け様をなんとかごまかしている業者

特徴・利点

●ダム堤体・洪水吐点検が、得意です。
●費用はご予算に合わせております。 ご予算に沿わせた最高の仕事をさせて頂いて、発注者さま、元請け担当者の皆様に、常に大満足頂いております。 速くて、巧いから、コスパが

 いいです。 ロープアクセスはお高い⁉の風評がありますが、きぃすとんに限って言えば、速くて、巧いので、お安いです。
●安全実績30年。  おかげさまで創業以来、無事故です。 徹底した安全教育、万全の安全管理体制。 そしてなによりも、安全を大前提にしたロープアクセス技術が、創業以来の無

 事故を実現させています。
●自社開発、世界最先端の3次元ロープアクセス技術【3-D SORAT】が、上下・左右・前後へと自由自在、安全・迅速・確実な移動をさらに進化させ続けています。
●ロープの腕前は世界一と自負。 最先端の技術を修得するには、きぃすとん★トップチームでの1年間にわたる厳しい実地訓練が必須。 そこで仲間に認められて初めて、プロの仲間

 入りの【PRO】資格。 ゴールでなく、スタート地点です。
・豊富な実績・経験ノウハウ。

安全・安全実績

30年間の安全実績  創業以来の無事故

 

①徹底した安全教育  ②安全管理体制  ③安全確保を大前提としたロープ技術

 

「心配で現場見学に来ましたが、安全確保の徹底はもちろん、スタッフの皆さんの手際よさと笑顔に、なるほどと安心しました」と、大手ゼネコンの安全担当の方

Q:ロープは1本ですか? 改正安衛則(ロープ高所作業)で定められている『ライフライン』は使わないのですか?

A:使わないです。 つまり、きぃすとんでは・・・調査・点検作業では、『ライフライン』は、使わないことが多いです。 これには、安衛則も認めているワケ(理由)があります。

A:そのワケ(理由)とは、『ライフラインの限界』です。 ライフラインは、上下移動に限って言えば有効です。 ひらたくいえば、メインロープによる確保が失われても、ライフラインが残っているから墜落を免れるわけです。

A: ところがライフラインは、前後や左右への移動では 安全確保に限界があるのです。 理由については、専門技術的な要素が多いので、別の機会に説明します。

A:そして、調査・点検作業・・・橋梁や、各種構造物の点検、あるいは岩壁やのり面などの調査・点検・・・では、上下移動だけでなく前後左右へと自由自在に移動することが必要とされます。

A:そこで改正安衛則では、附則・特記事項として、・・・調査・点検作業時に限定・・・した上で、【2点確保】を大原則とした、『より高度なロープ技術での安全確保』・・・が規定されています(附則・経過措置参照)。

A:つまり、調査・点検作業においては、ライフラインでの安全確保では限界があるので、ライフラインを超える、より高度な安全確保技術を使ってくださいね・・・・ということです。

A:この技術こそまさに、きぃすとんが開発し、発展させてきた革新的オンリーワン技術、技術名称は・・・ロープアクセス技術【3-D SORAT】・・・で、おかげさまで、安全実績30年、創業以来無事故です。

ロープアクセス技術ハンドブック ロープ技術編

そもそも、ロープアクセス技術によるダム堤体・洪水吐点検とは?

きっかけは笹子トンネルの天井板崩落事故。 それにより、構造物の近接目視の重要性が認識されることになり、橋梁点検においても近接目視があらためて義務づけられ、高所・難所への近接手段として道路橋定期点検要領(H26 国交省)に『ロープアクセス技術』が明記され、ロープアクセス技術による橋梁点検が一躍脚光を浴びた経緯があります。

 

ダム堤体・洪水吐点検に活用されているロープアクセス技術は、洞窟探検技術(SRT)をルーツとしたもので、きぃすとんが開発し、ロープアクセス技術協会(SRT)が普及に努めている技術・・・・◇技術名称:ロープアクセス技術【SORAT】

◇NETIS登録名称:『SRT調査点検技術』・・・・です。

 

ちなみに、ロープアクセス技術【SORAT】以外にも、ダム堤体・洪水吐点検に使われている技術がありますが、いずれも技術的には劣っているようです。

きぃすとんのロープアクセス技術【SORAT】が、橋梁点検において優れている主な点を以下に挙げます。

① 30年の安全実績。 安全確保を大前提にしたロープ技術。

② 上下左右前後へと3次元的に自由自在に、安全・迅速・確実に移動できるロープ技術。

③ 豊富な実績・経験・ノウハウ、そして腕前とやる気が最高にいいスタッフ陣容。

とくに②においては、3次元ロープアクセス技術【3-D SORAT】と呼ぶ最新の技術で、ダム堤体・洪水吐点検における高所・難所への近接目視をより安全・迅速・確実に実現させています。

また、改正安衛法(ロープ高所作業)で義務づけられた『ライフラインの設置』に対応する技術として、現行の『SRT調査点検技術』を一歩進めた『MRT調査点検技術』を、NETIS登録に申請中です。

ロープ技術名称

技術名称:ロープアクセス技術【3-D SORAT】

開発者:(株)きぃすとん

普及者:(社)ロープアクセス技術協会(略称SORAT)

NETIS登録名称:『SRT調査点検技術』

改正安衛則『ロープ高所作業』準拠 (ライフライン対応)

国交省 道路橋定期点検要領(H26)で当技術が推奨

技術資格名称:ロープアクセス技士レベル3【PRO】等

作業計画書

作業計画書作成のお手伝いをいたします。 まずは、ひな形を参照下さい。 問合せ等、歓迎いたします。

類似業者にご注意下さい

ロープアクセス技術を標榜する業者には安全意識が希薄だったり、ロープ技術が未熟な業者が少なくないのが現状です。 安全軽視のロープ技術で、重大事故を度々起こしている業者さえいます。 また、ロープ技術があっても、調査・点検に長けているとは限らないです。

Q&A

・通行規制は必要ですか? 原則必須です。 とはいえ現場状況にあわせ臨機応変に対応しています。
・雨の日は、危ないので無理ですね? ロープで確保しているので、少々の雨風は大丈夫です。
・ロープは1本ですか? ライフラインは? ライフラインは通常使わないです。 安衛則(ロープ高所作業)でも認められている安全確保手法を使っています。
・皆さんはクライマーさん? ロッククライミングとは違う世界で、皆、技術者です。
・できないのり面とか、盛土とか? ないです。 垂直でも、オーバーハングしていても大丈夫です。 どんなにデカくても、あるいはアンカーに使えそうなものがなくても。
・成果品の納期は? ご要望に合わせます。

主要スタッフ紹介

技師長★山口

統括リーダー★羽取

上代、山田、栗林、隈本、東川、芥川、オゼー、田中…
全員が道路橋点検士で、ロープアクセス技士レベル3【PRO】以上

統括リーダー&技師長の山口大輔(海洋架橋出身)率いる、やる気あふれる橋梁点検のプロ達。

講習・資格

会社概要

どんな会社?

創業30年 本社は京都 スタッフは約40名 全員が正社員で、30代が中心の上下関係のない、わいわいがやがやと自由で楽しい雰囲気の職場です。 自社開発★世界最新・最先端の3次元ロープアクセス技術【3-D SORAT】を世界に広めるのが夢。

社長さんは?

現場大好きな64歳。 大手ゼネコンの技術研究所でダム・トンネル・明かり施工を経験。 脱サラ独立して現在のきぃすとんを設立し、ロープアクセス調査・点検を開始。 自称、施工現場経験豊富な地質・岩盤の専門家。 趣味は仕事(失笑)。 余暇は田舎暮らし。

【3つの最高】★きぃすとん

① スタッフの、ロープ技術の腕前が最高にいい。
② スタッフの、調査・点検の腕前が最高にいい。
③ なによりも、スタッフの、『いい仕事をしたいとの強い気持ち』が最高にいい。

明るく楽しい職場で、全員が正社員、手厚い福利厚生制度。 かつ完全歩合制で、いい仕事をしたり、腕が上がれば報酬に反映される。 さらに完全自由勤務制度。 仕事にもプライベートにも一生懸命な人★限定のシステムが、スタッフの強烈なやる気を引き出しています。

資料集

フォトアルバム インスタ

■お問い合わせ/お見積り依頼■

■お問い合わせ/お見積り依頼■

◆お問い合わせ・お見積り依頼はお気軽に◆ keystone@rope-access.co.jp (出来ればメールで。 年中無休、すぐに対応いたします) 

TEL075-959-9095(FAX-9096)  (緊急 090-2111-7900 山口) 〒617-0856 京都府長岡京市金ヶ原寿先6-1 ◆お問い合わせフォームも、どうぞ◆

(株)きぃすとん http://www.rope-access.co.jp
(社)ロープアクセス技術協会【SORAT】 https://www.rope-access-association.org
Mail:keystone@rope-access.co.jp 〒617-0856 京都府長岡京市金ヶ原寿先6-1
TEL:075-959-9095 / FAX:075-959-9096 / (緊急・24hOK 090-8753-2383 なかたに)

高度なロープアクセス技術。 【巧い】から【速い】のでコスパが良くて【安い】