㈱きぃすとんは、日本随一のロープアクセス技術専門会社です。 

安全実績30年。 高所・難所の防災ドクター、きぃすとん・・・が皆様の暮らしを守ります。

㈱きぃすとんは、日本随一のロープアクセス技術専門会社です。 

安全実績30年。 高所・難所の防災ドクター、きぃすとん・・・が皆様の暮らしを守ります。

高度なロープアクセス技術。 【巧い】から【速い】のでコスパが良くて【安い】

高度なロープアクセス技術。 【巧い】から【速い】のでコスパが良くて【安い】

(株)きぃすとん http://www.rope-access.co.jp
(一社)ロープアクセス技術協会【SORAT】 https://www.rope-access-association.org
Mail:keystone@rope-access.co.jp 〒617-0856 京都府長岡京市金ヶ原寿先6-1
TEL:075-959-9095 / FAX:075-959-9096 / (緊急・24hOK 090-8753-2383 なかたに)

(株)きぃすとん http://www.rope-access.co.jp
(一社)ロープアクセス技術協会【SORAT】 https://www.rope-access-association.org
Mail:keystone@rope-access.co.jp 〒617-0856 京都府長岡京市金ヶ原寿先6-1
TEL:075-959-9095 / FAX:075-959-9096 / (緊急・24hOK 090-8753-2383なかたに)

きぃすとんの・・・・・優れた調査・点検技術、そして優れたロープアクセス技術が、

   『のり面調査・点検が10万円から』を、この度、実現しました。

■おかげさまで安全実績30年。

■ロープアクセスで近接目視・接触観察。

■皆さまのかかえておられる高所・難所の問題を、あっさり解決いたします。

■おかげさまで安全実績30年。

■ロープアクセスで近接目視・接触観察。

■皆さまのかかえておられる高所・難所の問題を、あっさり解決いたします。

予算等の制約の下、遠望で済ましているケースが少なくないようです。 ロープアクセスで近接目視・直接接触してみると、遠望ではわからなかった変状・損傷・崩壊兆候、浮き、緩み、破損等を発見したり、落ちそうな吹付片を回収したりが普通にあります。 もちろん吹付面の打音調査は基本の基本です。

予算等の制約の下、遠望で済ましているケースが少なくないようです。 ロープアクセスで近接目視・直接接触してみると、遠望ではわからなかった変状・損傷・崩壊兆候、浮き、緩み、破損等を発見したり、落ちそうな吹付片を回収したりが普通にあります。 もちろん吹付面の打音調査は基本の基本です。

料金体系@ロープアクセスによる、のり面調査・点検が10万円から…を、実現

10万円/区画:基礎レベル、税抜き基礎レベル (通常)変状調査、(通常)打音調査、成果品の取りまとめ1式
20万円/区画:標準レベル、税抜き標準レベル (詳細)変状調査、(詳細)打音調査、(限定箇所)コア抜き調査、成果品の取りまとめ1式

なお、1区画は30m×30m(のり幅×のり長)【区画の数え方は下の参考図参照】

プラス+移動経費1式(旅費交通費・移動人件費、税抜き)
       5万円 近畿周辺
       10万円 四国・中国、中部・北陸・関東
       20万円 東北・北海道、遠隔地・離島

  別途費用

    打合せ、現地下見、追加作業、ドローン空撮、直前キャンセル等

計算例
  ①兵庫県、3区画・・・・・3区画×10万円+5万円=35万円
  ②神奈川県 15区画・・・・15区画×10万円+10万円=160万円
  ③沖縄県 7区画・・・・・7区画×10万円+20万円=90万円

プラス+移動経費1式(旅費交通費・移動人件費、税抜き)
5万円 近畿周辺
10万円 四国・中国、中部・北陸・関東
20万円 東北・北海道、遠隔地・離島

別途費用

打合せ、現地下見、追加作業、ドローン空撮、直前キャンセル等

計算例
  ①兵庫県、3区画・・・・・3区画×10万円+5万円=35万円
  ②神奈川県 15区画・・・・15区画×10万円+10万円=160万円
  ③沖縄県 7区画・・・・・7区画×10万円+20万円=90万円

きぃすとん★なら、できるけど、遠望・ドローン★では、できないこと

■ 精度を十分に確保した点検。 点検技術者自身が、ロープ技術を操り、くまなく近接目視・接触観察することで実現

■ 死角なし。 ロックネット等で覆われている場合でも、内側をのぞき込んだり、内側に入り込んだりして点検。 又、植生があっても点検できる。

■ 打音検査、クラック変位の測定、アンカーやロックボルト頭部を打撃・触診しての点検、浮いてるコンクリート片の除去等。

■お問い合わせ/お見積り依頼■

■お問い合わせ/お見積り依頼■

◆お問い合わせ・お見積り依頼はお気軽に◆ keystone@rope-access.co.jp (出来ればメールで。 年中無休、すぐに対応いたします) 

TEL075-959-9095(FAX-9096)  (緊急・24hOK 090-8753-2383 なかたに) 〒617-0856 京都府長岡京市金ヶ原寿先6-1 ◆お問い合わせフォームも、どうぞ◆

業務内容@ロープアクセスによる、のり面調査・点検が10万円から…を、実現

のり面調査とは、・・・・

保全対象に近接するのり面、法面において、崩壊や剥落などの障害をもたらす要因を予め把握するために行なう調査で、調査結果に基づいて的確な対策が講じられることになります。

従来、遠望目視に頼りがちであったのり面調査ですが、近年、ロープアクセス技術を活用したた『きぃすとんの近接目視』が目されはじめました。

この背景には、次のふたつの要因 ①ロープ技術の進歩、②調査技術の進歩・・・があげられます。 つまり・・・

①ロープ技術の進歩としては、のり面を安全かつ、自由自在に移動できるロープアクセス技術【3-D SORAT】の考案・発展があり、きぃすとんが独自に開発し、日々、発展中で

 す。 さらに・・・

②調査技術の進歩として、きぃすとんではベテランの地質・岩盤調査技術者による指導・教育が徹底しており、ロープユーザー(ロープ調査技術者)の調査技術レベルが高く、現場

 でののり面保護工や地山岩盤状況の的確な把握はもちろん、成果品としての表現方法についてもわかりやすいと好評です。

 

「危ない作業ですね」と、よく言われます。

安全実績30年、創業以来おかげさまで、無事故です。

特徴・利点@ロープアクセスによる、のり面調査・点検が10万円から…を、実現

◆高度な技術・専門性

    • 長大のり面と高盛土。 ロープアクセス技術の出番です。 豊富な実績・経験・ノウハウ。 得意です。
    • 高度なロープ技術【SORAT】を駆使し、のり面上をすばやく、自由自在に移動できるので、安全・迅速・確実です。
    • ちゃんとした調査技術者自身がロープで、くまなく近接目視・接触観察するので、精度が圧倒的に良く、見落としもない。 打音調査もお手のもの。
    • 遠望やドローンでは視認できなかった変状等も見逃さない。 植生の裏や、死角。 変状の詳細等、つぶさに観察できます。
    • 斜面防災のベテラン・土木地質技術者による社内での教育体制。 案件毎の徹底指導で、常に最高レベルの結果を求めます。

◆無事故

    • 安全実績30年。 おかげさまで、創業以来無事故です。

◆コスパよし

    • 【巧い】から【速い】のでコスパが良くて【安い】。 ご予算に沿わせた最高の仕事をさせていただいて、常に大満足いただいております。
    • どんなに予算が厳しくても、お断りしたことはありません。 予算が厳しいほど、腕の見せどころ、工夫のしどころ、知恵の絞りどころです。

◆圧巻の成果品

    • 下部の資料集をどうぞご覧ください。 ひと目でわかりやすいと好評。 ドローンとテクニカルイラストレーション技法。 磨きあげている腕の見せどころです。

安全・安全実績

30年間の安全実績  創業以来の無事故

 

①徹底した安全教育  ②安全管理体制  ③安全確保を大前提としたロープ技術

 

「心配で現場見学に来ましたが、安全確保の徹底はもちろん、スタッフの皆さんの手際よさと笑顔に、なるほどと安心しました」と、大手ゼネコンの安全担当の方

のり面調査・点検 Q&A

Q:ポケット式ロックネットがあってもロープアクセスできるのでしょうか?

A:やや高度な技術となりますが、大丈夫です。 当社のスタッフでしたら、全く問題なく、安全を十分確保し、安衛則にも従い、ネットの外側・内側を、登高・下降、自由自在です。 ポケット式ロックネット内側の地山やモルタル状況は、遠望では見づらいですが、ロープアクセスなら近接目視・接触観察できます。 打音調査や必要に応じたコア抜き調査もできます。

Q:モルタルの割れ目から草木が繁茂している場合でもロープアクセスできるのでしょうか?

A:これもやや高度な技術となりますが、当社のスタッフでしたら、全く問題なく、大丈夫です。 草木が繁茂しているモルタル箇所には大きな変状が隠れていたり、崩壊兆候が現れはじめていたりするので、とくに注意を払って点検します。

Q:ロープを固定する樹径などの目安はあるのでしょうか?

A:ロープを固定する支点となる樹木に太さの目安はとくになく、支点として必ず2(2本、もしくはそれ以上のしっかりした樹木を自分の感覚で判断し、各々の支点を仮荷重テストで安全を確認した上で、ロープを介して支点に自分の体重を預けます。(あくまでも、きぃすとんのやり方で、ほかのロープアクセスを標榜する会社がちゃんとやっているかどうかについては、知らないです。 たぶん、ちゃんとはやっていないのでは?)

Q:のり面からの落下物に対して、何か安全対策はあるのでしょうか? (道路際に柵がない場合、誘導員を配置する等)

A:道路際に柵がない場合には、交通量との兼ね合いで、誘導員を配置したり、簡易な防護対策を施すこともあります。 さらに当社では落下物を極力発生させないことと、自社の見張り員を道路に配置して、安全確保に努めています。

Q:ロープは1本ですか? 改正安衛則(ロープ高所作業)で定められている『ライフライン』は使わないのですか?

A:使わないです。 つまり、きぃすとんでは・・・調査・点検作業では、『ライフライン』は、使わないことが多いです。 これには、安衛則も認めているワケ(理由)があります。

A:そのワケ(理由)とは、『ライフラインの限界』です。 ライフラインは、上下移動に限って言えば有効です。 ひらたくいえば、メインロープによる確保が失われても、ライフラインが残っているから墜落を免れるわけです。

A: ところがライフラインは、前後や左右への移動では 安全確保に限界があるのです。 理由については、専門技術的な要素が多いので、別の機会に説明します。

A:そして、調査・点検作業・・・橋梁や、各種構造物の点検、あるいは岩壁やのり面などの調査・点検・・・では、上下移動だけでなく前後左右へと自由自在に移動することが必要とされます。

A:そこで改正安衛則では、附則・特記事項として、・・・調査・点検作業時に限定・・・した上で、【2点確保】を大原則とした、『より高度なロープ技術での安全確保』・・・が規定されています(附則・経過措置参照)。

A:つまり、調査・点検作業においては、ライフラインでの安全確保では限界があるので、ライフラインを超える、より高度な安全確保技術を使ってくださいね・・・・ということです。

A:この技術こそまさに、きぃすとんが開発し、発展させてきた革新的オンリーワン技術、技術名称は・・・ロープアクセス技術【3-D SORAT】・・・で、おかげさまで、安全実績30年、創業以来無事故です。

ロープアクセス技術ハンドブック 特定道路土工構造物点検・のり面編

近接目視・接触観察

調査・点検のプロ技術者“自身”がロープを操り近接目視。

ロープアクセスの腕がいいので、いかなる高所・難所にも【安全】【迅速】【確実】にアクセス。

【事前準備】

  • 対象のり面の地質を既往地質図でチェックし、地質・岩盤特性を調査チーム全員で共有。
  • 野帳として携行する(防水)作業用図面を作成。 あらかじめドローン空撮した写真を活用することも。
  • 対象案件が発生した背景や、対策方針も気になります。

【全体を遠望する】

  • 現場に到着。 のり面を見渡すと、沢山のことが見えてくる。 『のり面は、おしゃべりさん・・・』とは、先輩の名言。
  • 起伏、微地形、湧水・・・・風化、硬軟、地層、節理、断層
  • 大小の崩壊跡もヒント。 のり面施工時の切土掘削の際に発生した崩壊の跡、もしくは崩壊には至らない緩んだ岩盤を、残すわけには行かないので切土除去した痕跡。 
  • 小段が途切れたりしているのも、岩盤要因がかかわっているし・・・なんだかおかしい、不自然だ・・・気色悪い・・・点があれば要注意。 逆に安定感のある、“気持ちのいい”のり面も・・・。
  • 設計変更跡。 アンカー、ロックボルト、のり枠工などの配置が不自然なら、施工時・切土掘削時のなんらかの地質・岩盤要因が考えられる。
  • 湧水・湧水跡や、水抜き孔の配列の乱れ。 いろいろ気になります。
  • 吹付面の亀裂は、個別の亀裂ではなく、拡がりのある亀裂系として全体を見渡してみると、不安定ブロック、崩壊兆候等、見えてくるものがある。
  • こういう感じで、のり面と“会話”して、のり面から、いろいろ教えてもらえれば、こっちのもの。
  • さあ、お待たせしました。 それでは確認のため、ロープアクセスで近接目視させて頂きましょう。

【変状調査】

  • 遠望での推測を、実際にロープアクセスで近接目視して確認する。 イメージ通りだったり、予想外の発見があったり、醍醐味にワクワクします。
  • 亀裂の開口幅と長さを測るだけでは、もったいない。
  • 亀裂にもパターンがある。 亀甲状亀裂、水平亀裂、縦亀裂、縦横モザイク状亀裂・・・。
  • 変位を伴う亀裂にとくに注目。 横ずれ亀裂、押し出し亀裂、ずりさがり亀裂、覆い被さり亀裂、膨張亀裂群、雁行状亀裂群・・・。
  • 変状発生のメカニズム解明を念頭に置くと、作業が楽しくなります。
  • 変状発生原因(施工不良 経年劣化 地山風化・劣化、崩壊兆候・・・)
  • 変状にはチョークで印をつけ、計測値等もチョーキングし、写真撮影。 ドローン空撮と組み合わせるのも有効。

【打音調査】

  • 打音異常(打音不良)とは? 空洞の有無を反映していることがあるが、別の原因のことも、原因不明のこともある。
  • たとえば、吹付内の剥離面による打音異常が典型例です。
  • 打音異常(打音不良)の見分けのつきにくいケースも多く(マサ、軟岩等)どこを叩いてもドンドンと中途半端な鈍い音で困ったりします。
  • 打音異常(打音不良)箇所を見いだしたら、その範囲を把握するために周辺を打音し、範囲を特定した上で、チョーク等でマーキングし、野帳に記載します。

Q:ロックネットがあれば? 

A:入り込めるスペースさえあれば、ロックネットの内側に入り、なければ外側にとりついて近接目視・直接観察します。

コア抜き調査

【目的】

  • 空洞確認、地山状況の観察、吹付厚、試料採取・・・・。

【箇所選定】

  • コア抜き箇所の選定は、変状調査が一旦終了後に、変状調査結果をもとに行なうべき・・・との建前があります(現場2回)。
  • 実際には、変状調査と同時進行的にコア抜き箇所を選定し、同時進行的にコア抜き実施することがほとんど(現場1回)。
  • 利点は、コア抜き結果を変状調査や打音調査に即座に反映させることができる点です。
  • たとえば、コア抜き結果次第では、残りのコア抜き箇所を急遽変更して、より効果的なコア抜き結果を目指すこともできます。
  • また、たとえば急遽、隣接地点でのコア抜きを臨機応変に追加するケースもあります。

【コア抜き】

  • 最新の軽量型乾式コアドリルが便利。
  • 径は55から65㎜程度 掘削長は通常、20から30㎝
  • 削孔開始。 吹付を掘り抜くまで削孔する。 
  • 孔内観察(後述)が終わり次第、無収縮モルタルで埋め戻す。
  • なお、必要に応じ、地山部をさらに削孔することもある。
  • また湿式コアドリルを使えば、大口径・長尺削孔
  • コア採取も可能です。
  • 逆に、小口径ドリルとファイバースコープで、コア抜きの代替とすることもありますが、画質等に問題があります。
  • 安全のポイント  コンセントをこまめに抜く。

Q:ロックネットがあれば? 
A:ロックネットと地山の間に、入れる隙間があれば内側に入って削孔し、なければ外側からロックネットにとりついて削孔します。 外側からの場合、ロックネットの隙間よ

   り細い径50㎜くらいの小径ビットを使うか、もしくはロックネットをすこし押し拡げて(あとで復旧)削孔し、ロックネットは切らないように工夫します。

【孔内観察】

  • 吹付厚さ測定   モルタル/コンクリート
  • 通常の小型デジカメで孔内・孔壁・孔底を撮影。
  • ラス網等の有無を確認(メッシュ金網、鉄筋 鉄骨 繊維補強)
  • 背面空洞の確認(目視・触診) 空洞の“幅”測定 上下左右周囲への拡がり状況も探る。 必要に応じて、拡がり状況を確認するための追加コア抜きも有効。
  • 充填物質に着目。 空洞を土砂状の物質が充填していることも多い  風化・劣化して土砂状になった地山との区別に注意!
  • 孔奥の地山を観察。 岩種 地質構造 硬軟 風化・変質 亀裂状況。 土砂、土壌 根っこの混入 滲水状況
  • 必要に応じ地山試料採取、あるいは地山部を追加コア抜きして、地山状況をさらに調査も有効

【ピンポール貫入】

  • 測量用の赤白のピンポールを孔底(地山表面)から突き刺して、 貫入長を測定することは意外と有効で、軟質部の奥行きの目安になるようです。

ロープ技術名称

技術名称:ロープアクセス技術【3-D SORAT】
開発者:(株)きぃすとん
普及者:(社)ロープアクセス技術協会(略称SORAT)
NETIS登録名称:『SRT調査点検技術』
改正安衛則『ロープ高所作業』準拠 (ライフライン対応)
国交省 道路橋定期点検要領(H26)で当技術が推奨
技術資格名称:ロープアクセス技士レベル3【PRO】等

作業計画書

作業計画書作成のお手伝いをいたします。 まずは、ひな形を参照下さい。 問合せ等、歓迎いたします。

【ドローン空撮が、特定道路土工構造物点検で大活躍】

作業スピードと精度がアップ。 全景写真が発注者様にも大好評。 もちろん、包括飛行許可取得済み。

■事前に空撮。 写真に点検結果を直接記入。 精確・迅速。

■長大のり面も一目瞭然。 ひと目でよくわかると好評

■鉄道、高速、通行量の極端に多い道路上空等は飛行禁止

  • 使用機体は信頼性の高いベストセラー機 DJI Phantom 4 pro(4kカメラ搭載)。 安定した機体制御で定評。
  • パイロット登録した、操縦技術・経験の十分な、点検技術者自身が空撮。 撮影アングルにもこだわります。
  • 国交省の包括飛行許可を取得済みなので、フライト毎の届出(個別申請)が不要。 原則としていつでもどこでも飛行できます。 法令遵守は、社内教育で徹底。  ドローン保険完備。

Q:墜落はしないのですか?   A:性能がアップしているので、ほぼ大丈夫です。

Q:ありうるトラブルは?    A:離着陸時の障害物等への接触があり得ます。見張

                   りスタッフと共に周辺の安全確保に務めます。

Q:フライト中のロスト事故は? A:樹木の梢に引っかかるケースがあり得ます。 

                   最悪、ロープアクセスで自己回収できます。

Q:天候は?          A:小雨や弱風程度なら大丈夫です。  

Q:地元からのクレームとか?  A:ないです。 むしろ、ドローンまで活用して、ち

                   ゃんとやっているとの好印象を感じていただけて

                  います。

主な登録パイロットたち

国交省全国包括飛行許可証

  ドローン保険

類似業者にご注意下さい

ロープアクセス技術を標榜する業者には安全意識が希薄だったり、ロープ技術が未熟な業者が少なくないのが現状です。 安全軽視のロープ技術で、重大事故を度々起こしている業者さえいます。 また、ロープ技術があっても、調査・点検に長けているとは限らないです。

お客様の声

  • 「ロープでの移動が速いですね、点検作業も手慣れているし、イメージと全然違います」
  • 「心配で、見に来ました. 皆さんキビキビしていて、笑顔がステキで、安心して見ていられます」
  • 「ウワサには聞いていたのですが、さすがですね。 女性の方も活躍していて、ビックリしました」
  • 「大きなのり面で、途方に暮れてましたが  あっという間にかたづけてくれて、助かりました。」
  • 「ロックネットの内側に潜り込んだり、ネットの表面を歩くように移動したり、びっくりしました。」
  • 「崩壊兆候までわかるのですね! 不安定ブロック範囲の特定や、崩壊メカニズムまで・・・」
  • 「遠望でどうしてもわからなくて、小段をこわごわ歩いてみたりしたのですが、足下をのぞき込むのが恐くて・・・・」
  • 「成果品にビックリ。 ドローン撮影していた目的がよくわかりました。 精度がリアルで見やすく、説得力あります」
  • 「地山地質状況や崩壊跡地形、湧水の連続とか、断層の痕跡とか、総合的に見極めていくのですね!」

Q&A@ロープアクセスによる、のり面調査・点検が10万円から…を、実現

  • Q:ロープは1本ですか? 改正安衛則(ロープ高所作業)で定められている『ライフライン』は使わないのですか? 
  • A:『ライフライン』は、使わないことが多いです。 『ライフライン』は、上下移動には有効ですが、道路土工構造物点検などの調査・点検作業では、上下だけでなく、前後左右にも移動するので、『ライフライン』での安全確保には限界があります。 そこで改正安衛則では、附則・特記事項として、調査・点検作業時での、【2点確保】を大原則とした、より高度なロープアクセス技術での安全確保が規定されています。
  • Q:たしかに・・・リビレイとかディビエーションとか、安全確保のための高度なロープ技術のことが、安衛則に記載されてますよね。 むつかしそうですね・・・。
  • A:安全実績30年です。 安全確保を大前提とした、高度なロープアクセス技術で、おかげさまで創業以来、無事故です。
  • Q:ところで、皆さんは、ロッククライマー?  A:いえいえ、バリバリの点検技術者です。 ロッククライミングとは別世界です。
  • Q:ドローン空撮を活用しているとか?  A:いまや、なくてはならない便利な道具で、斜め上方から空撮する鳥瞰写真が、点検のレベルアップに貢献してくれています。 発注者様にも、「現場状況がわかりやすい!」と、大好評です。
  • Q:通行規制は必要ですか? A:原則必須です。 とはいえ、現場状況に合わせ、臨機応変にやっています。
  • 通行規制は必要ですか? 原則必須です。 とはいえ現場状況にあわせ臨機応変に対応しています。
  • 雨の日は、危ないので無理ですね? ロープで確保しているので、少々の雨風は大丈夫です。
  • ロープは1本ですか? ライフラインは? ライフラインは通常使わないです。 安衛則(ロープ高所作業)でも認められている安全確保手法を使っています。
  • 皆さんはクライマーさん? ロッククライミングとは違う世界で、皆、技術者です。
  • できないのり面とか、盛土とか? ないです。 垂直でも、オーバーハングしていても大丈夫です。 どんなにデカくても、あるいはアンカーに使えそうなものがなくても。
  • 成果品の納期は? ご要望に合わせます。
  • アンカーとかロックボルトは? 一個ずつ、打音したり、手で触れて、損傷や緩み等、異常がないかを確認します。

主要スタッフ紹介@ロープアクセスによる、のり面調査・点検が10万円から…を、実現

主要スタッフ紹介

斜面防災のベテラン★中谷

統括リーダー★保杉

須藤、辻本、小川、辻、後藤、啓太

全員がロープアクセス技士レベル3【PRO】以上

講習・資格

会社概要

どんな会社?

創業30年 本社は京都 スタッフは約40名 全員が正社員で、30代が中心の上下関係のない、わいわいがやがやと自由で楽しい雰囲気の職場です。 自社開発★世界最新・最先端の3次元ロープアクセス技術【3-D SORAT】を世界に広めるのが夢。

社長さんは?

現場大好きな64歳。 大手ゼネコンの技術研究所でダム・トンネル・明かり施工を経験。 脱サラ独立して現在のきぃすとんを設立し、ロープアクセス調査・点検を開始。 自称、施工現場経験豊富な地質・岩盤の専門家。 趣味は仕事(失笑)。 余暇は田舎暮らし。

【3つの最高】★きぃすとん

① スタッフの、ロープ技術の腕前が最高にいい。
② スタッフの、調査・点検の腕前が最高にいい。
③ なによりも、スタッフの、『いい仕事をしたいとの強い気持ち』が最高にいい。

明るく楽しい職場で、全員が正社員、手厚い福利厚生制度。 かつ完全歩合制で、いい仕事をしたり、腕が上がれば報酬に反映される。 さらに完全自由勤務制度。 仕事にもプライベートにも一生懸命な人★限定のシステムが、スタッフの強烈なやる気を引き出しています。

資料集@ロープアクセスによる、のり面調査・点検が10万円から…を、実現

ノウハウ満載★圧巻の成果品集です。
成果図面の品質にこだわって30年
『ひと目でぱぁっとわかるせいか図面』を目指しています。
「ウワサには聞いていましたが、さすがですね!」と、うれしいお客様の声

フォトアルバム インスタ

■お問い合わせ/お見積り依頼■

■お問い合わせ/お見積り依頼■

◆お問い合わせ・お見積り依頼はお気軽に◆ keystone@rope-access.co.jp (出来ればメールで。 年中無休、すぐに対応いたします) 

TEL075-959-9095(FAX-9096)  (緊急・24hOK 090-8753-2383 なかたに) 〒617-0856 京都府長岡京市金ヶ原寿先6-1 ◆お問い合わせフォームも、どうぞ◆

(株)きぃすとん http://www.rope-access.co.jp
(一社)ロープアクセス技術協会【SORAT】 https://www.rope-access-association.org
Mail:keystone@rope-access.co.jp 〒617-0856 京都府長岡京市金ヶ原寿先6-1
TEL:075-959-9095 / FAX:075-959-9096 / (緊急・24hOK 090-8753-2383 なかたに)

(株)きぃすとん http://www.rope-access.co.jp
(一社)ロープアクセス技術協会【SORAT】 https://www.rope-access-association.org
Mail:keystone@rope-access.co.jp 〒617-0856 京都府長岡京市金ヶ原寿先6-1
TEL:075-959-9095 / FAX:075-959-9096 / (緊急・24hOK 090-8753-2383なかたに)

高度なロープアクセス技術。 【巧い】から【速い】のでコスパが良くて【安い】